夢さくら 四日市店(三重県)

 

夢は、思い切り伸ばした指の1ミリ先にある。

秋元康(あきもと やすし)

(1958年5月2日生まれ・東京都) 作詞家。放送作家。AKBグループの総合プロデューサー

※引用元:NAVERまとめより

 

 

全国 60万人の振袖ファンのみな様、こんばんは。

夢さくら 四日市店の岩見です。

カレンダーは5月だというのに・・・

天候は待ったなしで猛暑日に。

うだるような暑さが続く今日この頃でございます。

 

 

 

さて、久しぶりの更新となるのですが・・・

【夢さくら】帯のあれやこれや話(前編)

前回記事からだいぶ空いてしまいました(-_-;)

この続きはまたの機会にしまして、

今回は番外編ということで夢さくらについて。

少しでも知って頂けると嬉しいです。

 

 

 

先日、5/15(火)に株式会社夢さくら 第2期経営計画発表会が行われました。

 

(写真:井原カメラマン)

 

 

今から約10年前におおみグループのおおみ北川の東海地区事業部として発足。

そして昨年の5月に株式会社夢さくらになり、独立分社致しました。

呉服部門 3店舗、スタジオ部門 4店舗の計 7店舗。

まだまだ小さな会社ですが、まだまだ小さな会社ですが、

地域一番店のお店を目指して日々取り組んでおります。

 

 

日本の伝統衣装継承ときもの振興に努め、

今期も共に「夢を楽しく咲かす」をモットーに

精進して参ります。

 

 

あまり自分で言うのも照れくさいものもありますが、

個人的にはこのモットーが好きです。

「夢」というのは人に語る時には照れくさいものがあります。

ここで働いている人たちがそれぞれに夢を持っていて、

その夢に向かってお客様の「夢」を着物を通じて楽しくお手伝いしている。

そんな姿に憧れを覚えます。

 

かくいう私もいささか先生に憧れてこの業界に入りました。

着物を着て、縁側でお茶を飲みながら、

書き物をして余生を過ごしたいと20代の時に思い・・・

着物に憧れていたら、着物を伝える職業に就いていました。

今は若い人たちにもっと着物に興味を持ってもらいたく奮闘しています。

 

 

※前振りが長い岩見(写真:井原カメラマン)

 

 

着物の仕事に携わって6年。

私自身も日々勉強です。

特に若い世代 20~40代の方々に着物の魅力を感じてもらいたいです。

まだまだ着物でやりたいこともたくさんあります。

それが1つずつ地域のみな様と実現できれば幸いです。

 

今後とも何とぞ、株式会社夢さくらを宜しくお願い致します。

 

 

ところで、あなたには夢がありますか?

もしも着物で実現したい夢がありましたらぜひご相談ください。

 

 

 

次回は少し古いデータですが、

きもの意識調査』について更新してまいります。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

次回の更新もお楽しみに~♪

 

 

夢さくら 四日市店の他の記事も読んでみる♪

%e3%81%9d%e3%81%ae%e4%bb%96%e3%81%ae%e8%a8%98%e4%ba%8b%e3%81%af%e3%82%b3%e3%83%81%e3%83%a9%e3%81%8b%e3%82%89

 

店舗情報はコチラから

 

予約はコチラから

ご成約でQUOカードをプレゼント♪

%e4%ba%88%e7%b4%84%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

夢さくらの公式twittwerです。フォローしてね☆

%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%83%e3%82%bf%e2%80%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e5%85%ac%e5%bc%8f

 

こちらも夢さくらの公式Instagramです。フォローしてね☆

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b4

 

夢さくら 四日市店のアメブロです。色々と投稿しています。

当店のTの申し子が更新しております。

 

夢さくら 四日市店の動画投稿はじめました。

少しずつ投稿していきます。

 

<お問い合わせ>

夢さくら 四日市店

四日市市日永4-2-41 日永カヨー2F
TEL 059-349-3339

 

 

 

 

編集後記:

業界の大先輩が小梅太夫を全力でやり切っていました・・・

 

(写真:井原カメラマン)

 

ここだけ切り取ってみたら変な会社ですが、

やる時はやる!遊ぶときは遊ぶ!

そんな会社です。・・・クセが強い!

 

冒頭の名言が秋元 康さんだったのはたまたまです。

良い言葉だなぁと、しみじみ。