きものおおみ 福島店(福島県)

こんにちは!

 

きものアドバイザーはんがいと申します (^^)/

 

決して酔っぱらってはいませんw

 

節分が近づいているなぁと、思いまして

自分のイメージに合ったイラストを使用させていただきました(^^)

 

 

 

おおみ福島店スタッフブログをご覧のみなさん、本日もお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

あきずに、読み進めていただけたらうれしいです。

最後にキーワードを掲載いたしますので、

ぜひ、はんがいとのゲームにご参加ください♫

それでは、どうぞ!

 

 

 

はんがいの気になるハ・ナ・シ ——— 第5話

 

 

 

今回は、節分の鬼の角(つの)から連想して結婚式の花嫁衣裳についてお話したいと思います。

 

 

花嫁が着る白無垢には、昔から角隠し(つのかくし)を被るとされており、婚礼式では和装の定番とされていましたが、最近では、髪飾りのみでコーディネートされる花嫁も多くいらっしゃいます。

 

その、和装に用いられる角隠し(つのかくし)の由来には、諸説あるそうですが、調べてみると、なかでも浄土真宗による説が目に留まりました。女性が寺を参る際に生え際(すみ)を隠すとされたそうです。これを「すみかくし」といい、黒い布で頭を覆う形だったことから、やがて婚礼にも用いられるようになり、角隠しと呼ばれるようになったとされています。

 

 

実は、わたしも婚礼式の時は、和装でした!

 

 

現代風に、角隠しは被らずに白い蘭の花を頭にたくさん付けて

当時話題だった、沢尻エリカ様の花嫁衣裳を真似たスタイルだったと思いますw

そういえは、生え際は隠れていたかもしれません!

 

 

寺を参るときと言えば、兄の友人に住職さんがいて、

よく、わたしもお寺を訪問することがあります。

次回は、生え際に注意して。。。ん??

 

 

この生え際って、おでこを出すのではなく

角(つの)のこと??じゃないですか!?

 

 

そうか!!お寺を訪問するときは、穏やかな気持ちでお参りするって

ことですね!!!なるほど。

 

 

ブログを書きながら、なっとくしてしまいましたw

 

 

皆さんも結婚式のお呼ばれや、ご自分の結婚式の際は和装を選ばれる方も多いと思います。成人式の振袖もしかり。穏やかな気持ちで、淑やかに着こなしたいものですね♡

 

 

先日の成人式で、印象的だったお話をひとつさせていただきます。

 

わたしがカメラを構えて歩いていると、日本髪の良く似合う上品な雰囲気の新成人が、わたしに声をかけました。

「受付はどこですか?」

わたしは、つい「写真を一枚撮らせてください」と言いました。

ファインダーを覗くと、そこに見えたのは凛とした大人の女性でした。

 

 

 

 

おおみ福島店で、はじめてお目にかかるお客様や、まだお会いしていないスタッフのみなさんと、気軽にお話しができるといいなぁと思っております。

 

 

最後まで読み進めていただいて、ありがとうございました!

 

 

キーワード「え」

 

キーワードを並べ替えて完成した言葉をもって、

ぜひ、おおみ福島店へお越しください。わたくし、はんがいがお相手いたします♪

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

さて、振袖シーズンの今kimonoおおみでは、新作振袖展示開催中です。

新作の振袖や髪飾り小物たちがたくさん!

1月27日まで、WEBから来店予約をされた方限定で、全品20%OFFのキャンペーンも開催しております。

また、振袖・袋帯は、お仕立て代・裏地代または帯芯代込での特別価格でご提供中です。

 

 

kimonoおおみでは、成人式・お正月・パーティー・結納など、お嬢様のライフイベントを飾る最高の演出をお手伝いさせていただきます。

 

ぜひ、お嬢様とご一緒にkimonoおおみ福島店へお越しくださいませ。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

SNSも更新しております。こちらもぜひご覧ください!