きものおおみ イオン郡山店(福島県)

 

 

 

こんにちは

きものおおみイオン郡山店です!

 

 

 

気づけばあっという間に4月も中旬!

皆様は花粉症、大丈夫ですか?

 

お花見シーズンの収束と同時に花粉症も収まってきた!

という方はおそらくスギ花粉、まだまだ辛い~!という方はシラカバ花粉

によるアレルギーの可能性が高いらしいですよ!

 

ところで皆様、お着物の柄によく使われる「」に込められた意味ってご存知ですか??

 

おおみのブログをご覧になっていただいている方はきっと分かりますね♡

振袖の色と柄の意味①

 

 

今回はお振袖の柄の分類についてご紹介いたします。

 

 

前回の○お振袖の選び方○の中に登場した「古典柄」と「モダン柄」の違い、、、

皆様はイメージが湧きますか??

 

実際にご来店いただいたお嬢様とお話しさせていただいて、意外と多いご質問が

古典とモダンってどういうのですか??

というものなんです!

そこで今回はこの2種類と最近大注目の柄についてご紹介します♡

 

 

 

■古典柄

 

おおみのお振袖では圧倒的人気!

日本の古き良き伝統的な色柄を使用しています。

 

中でもお振袖に多く使われるのは「吉祥文様」という、縁起が良くておめでたい柄。

ひとつひとつの柄に意味が込められていて、お振袖を着られるお嬢様への愛情が込められているんです、、、♡

 

例えば、縁起物の雪輪や熨斗、末広がりの扇、華やかさの象徴である御所車など、、

更に、お花にも意味があります

上記で紹介した桜、百花の女王といわれる牡丹、忍耐と美を意味する梅、長寿の花である菊など、、、

 

調べるときりがないくらいたくさん!詳しくは今後のブログでご紹介させていただきますね♡

 

 

古典柄のお振袖は、大きな流行などが無いのもポイント。

年代ごとに傾向はあるものの、使う柄のモチーフは同じ。

だから20年以上前のお母様のお振袖を、お嬢様が着ることもできちゃうんです◎

 

お振袖はお嫁入り前のお嬢様にとって最も格式高いお着物。

最後に袖を通すチャンスはご自身の結納と結婚式、、、!

そんな時も、柄自体の格式が高い古典柄のお振袖はぴったりなんです♡

 

さらに、柄が古典だと、お振袖自体のお色が鮮やかでも大人っぽさが残るため

小物のコーディネートをシンプルにすれば、ご結婚までの間長く着られます◎

 

 

また、最近流行の大きめ柄からシンプルめな小さめ柄まで、バリエーションが豊富なのも嬉しい特徴です。

大きめの柄は背が高くすらっとした方に、小さめ柄は背が小さく可愛らしい人にお似合いになることが多いです。どちらも兼ね備えた古典柄は自分に似合う柄を探しやすい!お振袖です♡

 

 

 

 

■モダン柄

 

モダン柄はなによりおしゃれさを重要視した洋風柄です◎

 

 

レースやリボン、ハート、蝶、薔薇、、、

なかにはシャンデリアやステンドグラスをイメージしたものも!

更にラインストーンやスワロフスキーが散りばめられたきらびやかで華やかなものもあります♡

 

昔ながらの「着物」のイメージに捉われない柄がたくさんあるのが特徴ですね♡

 

 

お色は黒、青、赤などのかっこよく強めのものや

ピンク、白、水色など思いっきり可愛いに振り切ったもの、、、

大きめの柄と強めのお色で、インパクトのあるお振袖が多いです◎

 

また、洋風な色使いで古典的な柄を使うことも。

藤の花や熨斗などもデザインによってはとってもモダンな雰囲気になるんです!

 

 

お着物の柄でモダン柄の派手さはお振袖だからこそ。

20歳の今だからこそ着こなせるデザインが着たい!!

周りの人とはちょっと違った振袖でとにかく目立ちたい!差をつけたい!!

そんなお嬢様におすすめです♡

小物や髪飾りも思いっきり派手にして、とことんゴージャスにしちゃいましょう♡

 

 

 

 

■レトロモダン

 

実はこんなお振袖もあるんです、、、♡

最近になってぐんぐん人気が出ているレトロ柄です!!

大ぶりな古典のモチーフを大胆に配置し、モダンな色合いで仕上げた

大正浪漫」を思わせるお振袖♡♡

古典とモダンの良いとこどりなデザインです◎

 

 

コーディネートの幅もぐっと広がります!

古典的な帯を締めればこっくりレトロに、

モダンな雰囲気の帯を締めればばちっとお洒落でハイカラに!

 

 

また、大学の卒業式を控えているお嬢様に耳より情報、、、♡

レトロ柄は袴とのコンビネーションが最高なんです!!

古風だけどちょっとイマドキな、ハイカラさんのようなイメージです◎

 

さらに自分流のお洒落を追及したい!というお嬢様はレトロ柄のお振袖に

ベレー帽をかぶったりレースのショールを羽織ったり、、、

流行りだしたばかりのジャンルだけにコーディネートの可能性は無限大です◎

 

 

 

 

お振袖の古典柄モダン柄、そしてレトロモダン柄、、、

それぞれの特徴がなんとなく伝わったでしょうか??

 

着たいお振袖の具体的なイメージが決まらなくても、最初に大まかな方向性

決めておくだけでその後のお振袖選びがぐっとしやすく、楽しくなります◎

 

 

また、お振袖は本当にたくさんあります。

古典よりのモダンだったり、レトロっぽい古典だったり、、、

一つに決めきれない!という方もご安心ください♡

本当に着たいと思えるお振袖を一緒に探しましょう♡

 

 

 

☟来店予約はこちらから☟
お問い合わせもお気軽に♡

image