きものおおみ 福島店(福島県)

こんにちは(^^)/

きものおおみ福島店の多田です。

 

 

 

今回は、振袖の簡単な歴史と背景についてご紹介しようと思います♪♪

 

 

 

 

 

 

■振袖の起源

 

 

振袖の原型は飛鳥時代にはすでに存在していたそうです。現代では、振袖は女性が着るものですが、もともとは、体熱のこもりやすい子供のために、振り(脇)を開けた着物が作られ、若い女性や元服前(成人前)の男子が着用していました。

 

現在の振袖の形が誕生したのは江戸時代のことです。江戸時代の前期に、若い女性が着る正装の着物の袖丈が次第に長くなっていきました。なぜ長くなったのかということに関しては、諸説あるようですが、ひとつには、舞踊を披露する際、舞台の上でより美しく見えるように長くしたと言われています。袖丈の長さは、1600年代には55㎝~95㎝、1800年代には95㎝~122㎝ほどになったそうです。現在は、最も袖の長い大振袖で114㎝ほどとなっています。(大振袖に関しては、「大振袖と中振袖」にてご紹介しております)

 

 

 

 

 

■振袖=未婚女性

 

 

振袖は未婚女性の第一礼装として、成人式や卒業式、結婚式のお呼ばれ、結納の席など様々な場面で着られています。実は、振袖が未婚女性の着物となった背景には、昔の恋愛事情が関係しているです。

 

日本には、女性から思いを伝えることが「はしたない」ことと思われていた時代がありました。そんな時代の女性たちは、言葉にはできない自分の思いを振袖に託しました。江戸時代初期の踊り子たちは着物の袖で、振ると「愛情を示す」すがると「哀れみを請う」ということを表現していました。これを世の未婚女性たちが真似をし、大流行したため、振袖は「未婚女性の着物とする習慣が生まれたそうです。男性からのアプローチに対して、YESと答える時は「袖を左右」に、NOと答える時は、「袖を前後」に振って意思表示をしました。現代でも恋愛で使われている「振る」「振られる」という言葉の語源にもなっているそうです。そして、明治以降に「振袖=未婚女性の第一礼装」という形が定着しました。

 

結婚した女性は、袖を振って思いを伝える必要がなくなるので、振袖の袖を短く詰めて、夫ひとりに思いを留める「留袖」として着るようになりました。

 

 

 

 

 

 

■振袖で厄払い

 

 

女性にとって成人前の19歳は初めての厄払いの年になります。振袖には、「厄を払って幸せが訪れるように」という願いが込められています。

 

ではなぜ、振袖=厄払いなのでしょうか?

 

まず、「振袖」という名前は、長い袖を振ることに由来しています。この袖を振るという行為には、実は、古来より呪術的な意味がありました。「魂振り(たまふり)と呼ばれるもので、空気

を揺らすことによって神様を呼び起こしたり、魂を奮い立たせたり、厄を払ったりすると考えられていました。神様に使える女性は長い布や袖を振っていました。例えば、神社で柏手を打ったり、鈴を鳴らしたりすることも「魂振り」です。

 

やがて、この「魂振り」という行為は、神様だけでなく、に対しても行われるようになっていきました。例えば、代表的なものが、出かける人に対して手を振る行為です。現代でも、「いってらっしゃい」と手を振って見送りますよね。これには、手や着物の袖を振ることで、厄払いや神様のご加護で安寧を祈願するという意味が込められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、思いを寄せる人を振り向かせたり、心を通わせたりするためにも袖を振るようになり、

和歌などにも、愛する人に向けて「袖を振る」歌が多く残っています。

 

このように、袖を振るという行為は、厄払いや、神様の加護を祈るという意味、意中の相手に思いを伝える意味があり、振袖にも「厄を払い、幸運が訪れるように」という願いが込められるようになりました。

 

 

振袖には、厄除けや神様の加護など、お嬢様の幸せを願う気持ちが込められています。

まさに、これから大人となり、独り立ちしていくお嬢様が着るにふさわしい着物です。

なんとなく成人式だから振袖を着るのと、振袖にはこんなに素敵な意味が込められているという背景を知ってから着るのとでは、お嬢様もご家族様も感慨深く感じるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

きものおおみは、お嬢様の一生に一度の成人の門出のお伝いをさせていただいております。

 

まだ何も考えていない方、レンタルと迷っている方、お母様・お姉さま・ご親戚の振袖を考えている方。

 

どんなご相談もきものおおみに任せください。

 

お一人お一人に合ったプランをご提案させていただきます。

 

 

 

「まだどこにも下見に行ってない…」

 

そんな方は、まずはきものおおみに足をお運びください!

 

お嬢様の好みや雰囲気に合わせて、最高にお似合いのコーディネートをさせていただきます♪

 

 

 

 

Webからの来店予約はこちらから↓↓

 

 

 

 

 

 

 

スムーズにご案内させていただくためにも、来店予約をおススメしております。

ぜひご活用ください。

 

 

 

 


 

 

きものおおみ福島店

福島市南矢野目西荒田50-17 イオン福島店3F(ゲームコーナー隣)

TEL*024-555-0331

営業時間*10:00~21:00

 

TwitterInstagramもやってます♪

参考に覗いてみてください!