スタジオCoco常陸大宮店(茨城県)

こんにちは、スタジオCoco常陸大宮店です

最近の暑さが嘘のように今日から一段と涼しくなり秋がやってき

た!!って感じですね(#^.^#)

 

学生の皆さんはそろそろ夏休みがおわってしまいますね(>_<)

ちょっぴりさみしいですが成人式はもうすぐやってきます☆

 

31年度に成人を迎えられるみなさ~ん(゜o゜) 振袖は決められましたか・・・???

平成最後の成人式!!

お気に入りの振袖を着てばっちりキメ、楽しい成人式ししてほしいです!!

32年・・・??

2020年に成人される方は新しくなった年号で初の成人式(*^。^*)

待ちに待った成人式になることでしょう。

 

そんな成人式!!

振袖ってどんなふうに選ぶのか不安や悩んでいる方も多いようです。

やっぱりお洋服とは違うのでどんな色や柄が似合うのかわからない??(>_<)

そんなお声を多数聞きます。

そこで今日は『振袖選びのPOINT』をこっそりお伝えします

参考にしてみてください・・・

 

さてさて、まえがきは置いといて・・・

 

振袖選びのPOINT ①

『パーソナルカラー』ってご存知ですか

パーソナルカラーとは、肌や瞳、髪の色など生まれ持った体の色に調和する色のことで

『ブルベ・イエベ』って聞いたことありますよね?

 

肌の色にマッチする色は・・・

イエローベース(イエベ)の方は、明度が高い黄色や緑を選ぶと顔色によくなじみます

 

また、ブルーベース(ブルベ)の方は、はっきりした濃い色を合わせると全身のバランス

がよくなります。

やさしいお顔立ち⇒淡い色(ピンク・水色・黄色・白など)

ハッキリしたお顔立ち⇒濃いめの色(青・緑・黒など)

健康的な肌色⇒赤系の色

パーソナルカラーを知っておくと、洋服選びやメイクのカラー選びにも役にたちます

よ!!

 

振袖選びのPOINT ②

『体系に合った柄を選ぼう!!』

◎背の高い方

身長の高い方は、はっきりした色合いで柄も大きめを選ぶとメリハリがつき、スタイルを

よりよく見せることができます。

小さな柄を選んでしまうと、着物の地色の面積が大きくなるのでさみしい印象を与えてし

まうこともあります。

 

◎小柄な方

小柄な方は、色が淡く、小さめの柄がぴったりです。

ピンクのような愛らしい色が似合うのは、背の低い方ならではの特権かもしれません。

明るい色がキュートな雰囲気をより引き立ててくれます。

 

身長が低め(身長150センチ以下)の方⇒柄が小さめのもの

身長が高め(身長160センチ以上)の方⇒柄が大きいもの

 

◎やせ方

痩せ型の方は、黒などの寒色系よりは温かみのある色合いがふんわりとした印象を与えて

くれます。

ショールを使うと上半身にボリュームが出るのでバランスが取れておすすめです。

 

 

◎ふっくらしている方

ふっくらとした体型の方は、濃い色を選んで全体の印象を引き締めてあげましょう。柄は

シンプルなデザインがおすすめ。

上半身に柄が少ない振袖を選ぶのが、全身をスッキリ見せるコツです。

 

 

振袖を着た時のイメージも大切ですよね

どう見られたい?

品よく落ち着いた雰囲気にしたい⇒古典柄・新古典柄

 

個性的に目立ちたい⇒モダン柄

 

振袖の色を選んだあとは、実際に振袖が自分の顔に映えるものかどうか、似合っているか

を確認することが大切です。

気に入った色合いのものを選んでも、羽織ってみると思った印象と違うことはよくありま

す。

いくつか振袖を選んだら羽織ってみて、顔映りを確認すると良いです。

 

振袖選びのPOINT ③

振袖が決まったら安心(#^.^#)

それ、間違いです!!

振袖が決まったら、振袖と自分に合った小物のコーディネートが大切です!!!

帯選びに大切なことは、振袖の次に目につく帯。

メリハリをつける事・統一感を持つ事!!

水色の振袖にオレンジの帯など、振袖とは逆の色を選ぶと可愛らしい着こなしができま

す。

この色合いは補色の関係にあり、色を引き立たせる効果があります。

他には赤紫と緑、黄色と紫などの組み合わせがあります。

振袖と帯をこの補色で組み合わせる場合、帯とその他の小物の色はなるべく近い色が似合

いますよ。

そのほかにも、お顔周りを変える刺繍襟や重ね襟、帯を豪華に見せる帯締めなど、さらに

ヘアスタイルに合わせて髪飾りでも雰囲気が変わります

髪飾りにはボリュームのある一輪花タイプや、小花をまとめた花束タイプなどのデザイン

があります。

振袖の柄が大柄なものには一輪花タイプを、小花柄の振袖には花束タイプを選ぶと一体感

が出せます

最後に、振袖選びについて

色の選び方

  • 好きな色を基にする
  • 自分の雰囲気やイメージを基にする
  • 自分の肌の色に合う色
  • 実際に振袖を当ててみて顔に映える色

柄の選び方

  • 長身の人には大きな柄
  • 短身の人には小さな柄
  • ぽっちゃり体型の人には上半身に柄が少なく、下に向かって柄が多くなるもの

小物の選び方

  • 帯:金・銀・黒がおすすめで、柄が多い物でもOK
  • 帯締め:振袖や帯に使われている色、その補色になるものを選ぶ
  • 髪飾り:振袖の色に合わせたり、帯締めと合わせるとまとまった雰囲気になる。
  • 振袖の柄に合わせた髪飾りで統一感がでる。

ポイントが分かってもなかなか決められない、まずは振袖を直接見てから決めたい、そんな方はぜひお早めにスタジオCoco常陸大宮店へお越しください(#^.^#)

こちらから