きものおおみ 福島店(福島県)

 

こんにちは!きものおおみ福島店の赤木です(`・ω´・*)

 

 

今日は「世界宇宙飛行の日」ですね。

世界初の有人宇宙衛星船打ち上げを記念した日だとのこと。

 

1961年のこの日、ソ連のウォストーク1号が打ち上げに成功。

有人の宇宙船としては世界初の試みだった。

アラル海東方バイコヌールから打ち上げられた同号は、およそ1時間48分で地球を一周、無事帰着した。

搭乗者ガガーリン少佐の「地球は青かった」の言葉はあまりにも有名。


PHP研究所HP(https://www.php.co.jp/fun/today/04-12.php)より

 

 

赤木の出身は仙台市なのですが、

小さい頃は、よく近所の「仙台市こども宇宙館」に遊びに行っていました。

 

母が買い物や用事に出掛けている合間に、兄と一緒に宇宙に夢中になっていた思い出があります。

 

館内に入ると、おしゃべりを返してくれるロボットがいたり、

宇宙船の中を再現した乗り物の中に入れたり・・・

 

何時間もぐるぐると周って遊んで、ちょっとした宇宙博士になっていました(笑)

 

そんな事を思い出してみると、某ケータイショップなどの普通のお店に、

普通にロボットが居て、それが当たり前のようになっている今ってスゴイ?!

 

小さい頃には想像もできなかったことも、

今はたくさん実現している事ありますよね(-ω-`*)

 

いつか、普通の人でも宇宙旅行に行けるようになるのでしょうか・・・

なんだか未来が楽しみになりますね♫♪

 

 

 

さてさて、話題は変わりまして。今回のお題はコチラ。

「大振袖と中振袖」

 

近年では、「振袖」=成人式の女子が着るものとして、誰もが知る衣装です。

 

その振袖にも種類があるのをご存知でしたか?

 

今回は、大振袖中振袖の違いについてお話します゚(*゚∀゚*)
 

 

 

その前にひとつ豆知識を。

振袖の歴史を辿っていくと、なんと江戸時代まで遡るのですが・・・

実は、振袖の特徴である振袖の袖丈(お袖の長さ)は、時代によって違います!



江戸時代の初期:1尺2寸~1尺4寸

    ⇒中期:1尺6寸~1尺8寸

    ⇒後期:2尺4寸~2尺6寸

といったように、年代を経るごとに長くなってきているのです(σ´∀`)σ



そして、“未婚の若い女性の晴れ着”として全盛期に到達し、

私たちの知る、現在の振袖のかたちになっています。

 

◇大振袖

大振袖は本振袖とも呼ばれます。

 

イメージしてもらいやすい例えでは、

和装で花嫁さんがお色直しで着ているお着物!!

または、舞妓さんが着ている、お引きずりのある着物!

 

花嫁衣裳・・・女の子の憧れですね゚+゚。*(*´∀`*)*。゚+

 

最近では和装での結婚式や前撮りも人気だそうで、

お店にもよく和装小物を買いに来ていただいたり、ご相談を受けます^^

 

ちなみに、定義・特徴としては

色物2枚重ねもしくは比翼仕立て裾引きずり

・袖口・裾の縁には綿が縫い込んである

袖丈は3寸と長丈

丸帯、抱え帯、しごきなどを用いて着る

というのが大振袖です。

 

 

◇中振袖

現代でいう所の“振袖”です。

 

 

普通のお着物よりも身丈をやや多くとってあり、

袖丈は2尺7寸~3尺となっています。

(身長に合わせた寸法でお仕立てします)

 

中振袖は、大振袖のように重ね着する必要はありません。

そのかわりに重ね衿を使い、重ね着風に見せます。

 


 

本来の格式では、大振袖が未婚女性の第一礼装中振袖が準礼装ですが、

現代では格調ある装いであれば、中振袖でも第一礼装と同格とみなす風潮となっています。

 

前の記事でも書きましたが、振袖は成人式以外にも、

卒業式謝恩会結婚式披露宴お見合い結納でも着ることができます。

 

また、職場によっては、新年の仕事始めの日や新年のパーティには、

女性は振袖などの着物で出席!という会社もあるそうです\(◎o◎)/!

(呉服業界ではなく、役所やふつうの企業でも!!)

 

 

そういった場面では、成人式のときの華やか過ぎる髪飾りや小物などは避け、

そのときの年齢や、会場の雰囲気に合ったコーディネートをするのがベスト!

 

20歳のときのままの小物では、ちょっとチグハグな印象になってしまいます><

 

着物は、帯や衿元、帯周りの小物を変えるだけで

若く見せたり、落ち着かせたりと、かなりイメージを変えることができます!

 

例えば、帯を飾り結びではなく、大人っぽくお太鼓結びにしたり、

半衿を無地や白の刺繍などシンプルなものに付け替える、

帯揚げや帯締めも落ち着いたフォーマル用のものにするなどなど・・・

 

おおみのスタッフが年齢や場面にあったコーディネートをご提案致します♪

成人式以外のときにも、気軽にご相談ください(*^▽^*)

 

ご結婚されて、大振袖をお召しになるその時まで、

お手持ちの、またはこれからお仕立てされる中振袖をたくさん着ていただきたい!

そう切に願っている、赤木の今日この頃であります。

 

ご相談の際は、事前にご予約いただけると、

スムーズにお話をさせて頂く事が出来ますので、よろしく願いたします。

 

WEBからのご予約はコチラから↓↓↓

 

ご来店予約はこちらから

 

 

 

 

 

きものおおみ福島店

〒960-0112

福島市南矢野目西荒田50-17 イオン福島店3階

📞電話 024-555-0331

⏰営業時間 10:00-21:00